よくあるご質問

「二世帯住宅」にはどんな種類があるの?
ハウスメーカーごとの分類や情報サイトなどよって分け方に少し違いはありますが、大きくは以下の3種類でしょうか。
① 完全同居型
親世帯と子ども世帯の二つの世帯が文字通り「完全同居」する形で、寝室のような個人的な部屋以外、「玄関」や「キッチン」「トイレ」「お風呂」といった水まわりなどを全て共有するタイプです。サザエさん、ちびまる子ちゃんの家のイメージですね。設備を共有することから、建築費を抑えることができ、工期も短くすることができます。

② 共用型
二つの世帯で「玄関」や「キッチン」「トイレ」「お風呂」などを部分的に「共有」するタイプです。共有する設備とそれぞれに分ける設備を「仕分け」して選択することができるので、お互いのプライバシーをある程度保ちながら、完全同居型に近いメリットも得られます。二つの世帯の生活リズムが異なる場合、共有する設備の使用時間をめぐる問題や、物音が気になるといった点などでもめることもあるので、それらを考慮した「仕分け」がとても大切になります。

③ 完全分離型
一つの建物を1階・2階と上下で分けたり、または左右に分けた二つの建物を通路や庭でつないだり、二つの世帯がそれぞれに「玄関」や「キッチン」「トイレ」「お風呂」「水まわり」などを使用するタイプで、他と比較して最もプライバシーが尊重されるタイプです。一つの家というより実質二つの家を建てる形となるので、建築費と土地の広さが一番必要になりますが、将来的に一世帯分空いた場合など、賃貸として貸し出すこともできます。
「二世帯住宅」のメリットは?
家計にも、子育て、介護、教育にもメリットいっぱい。 親の家に子ども世帯が同居する場合、子どもの家に親世帯が同居する場合、親の土地に二世帯住宅を新築またはリフォームする場合…など、さまざまなケースがありますが、人生で一番高い買い物と言われる土地代や家の建築費を抑えられるメリットは大きいですね。当然ながら、一緒に生活することで二つの世帯が共有する時間が増えれば、電気代や水道代などの光熱費や生活費の節約にもつながります。
また、日常の家事や、子育て、介護のサポートなど、生活の中で親世帯と子ども世帯がお互いに協力し合えるのが二世帯住宅を建てる最大のメリットだと思います。今は共働きのご夫婦が多くなっていますし、親世帯に子どもの面倒を見てもらえると安心して仕事も続けられますし、子どもだけに留守番をさせて寂しい思いをさせることもなくなります。祖父母から孫へ「遊び」や「お料理」などの文化の継承や、年長者を敬い大切にする気持ちを育むことにもつながるなど、子供の成長にも良い影響を与えてくれるでしょう。
親世帯にとっても、孫の成長を見守る楽しみも機会も増えますし、介護が必要になってきた時も食事や生活のサポートはもちろん、急な体調の異変にも気付いてもらえやすいという安心感があります。最近、特に気をつけたい「オレオレ詐欺」などの被害にも遭いづらくなりますよね。お互いがそばにいるという安心感は何よりも大きいと思います。
「二世帯住宅」のデメリットは?
ライフスタイルや価値観の違いが衝突やストレスの原因に…。 家族とはいえ、世代によって生活リズムや考え方・価値観は当然のように大きく違ってきますよね。
働き盛りの子ども世帯と定年退職をした後の親世帯では、寝起きの時間や食事のタイミングもお風呂に入りたい時間も、観たいテレビの番組も違うはずです。休日の過ごし方も、乗りたい車も、欲しい家電も、インテリアの好みだって違うことの方が多いのではないでしょうか…。
奥様のご両親との同居か、ご主人のご両親との同居かによっても状況は変わってきますが、例えば、掃除の仕方や料理の味付けという細かい部分でも、日常生活を干渉される(干渉されている気がしてしまう)と、どうしてもストレスになってしまうことが容易に想像できると思います。
また、二世帯住宅は、その特殊な住宅構造や価格・条件設定の問題から「売却しづらい」というデメリットもあります。
「二世帯住宅」を成功させるポイントは?
事前にしっかり相談すること。経験豊富な専門家のアドバイスがとても参考になります。 「完全同居型」「共用型」「完全分離型」3つの基本的な考え方、メリット・デメリットを理解した上で、
お互いのプライバシーや、親世帯・子ども世帯それぞれの家庭の生活時間、ライフスタイル、価値観や好みの違いをどのように調整するかが、「二世帯住宅を成功させるポイント」になるのではないでしょうか。
特に「共用型」の場合は、どこを共有して、どこを分けるのかをご家族で一緒に考えてみると、同居のイメージがだんだんはっきりと見えてきます。「玄関」「キッチン」「お風呂」「リビング」「トイレ」…まずはこのあたりから一緒にするのか、別々にするのか話し合ってみてはいかがでしょうか。

ただ、家族だけで話し合うというのは簡単なようで実はなかなか難しかったりもしますよね。成功例、失敗例など様々な事例を知り尽くした住まいづくりの専門家にアドバイスをもらうと、大事なポイントを見逃さずに、ご家族でもポイントを整理しながら落ち着いて相談できるようになります。
要望がたくさんあって、まとまらない!
漠然としたご要望を一つ一つ優先順位をつけながら整理し、コーディネート! いざ二世帯住宅を建てるとなっても、ご夫婦でも親子でも、それぞれに要望を出してみると漠然としてまとまらないことが多いのが一般的です。

コーディネーターは、そんなご家族のお悩みやご要望の一つ一つを整理し、お客様にもっともふさわしいプランをコーディネート致します。家族の意見がバラバラでまとまらない、ご要望がハッキリしない方は、ぜひ家族みんなで「個別相談」に来てください。費用は一切かかりません。
コーディネーターは要望整理のプロフェッショナルです。しっかりヒアリングを行い、ご要望をカタチにしていきます。
実現可能な要望にまとめあげていく中で新たな発見がきっとありますよ!