二世帯住宅の豆知識

夏の家づくりのポイント⚠

業界情報
家づくり

登録住宅会社100社以上!あなたの家づくりを徹底サポートする二世帯住宅.com byおうちの相談窓口です^^!

明日から7月ですね!!

雨が降って蒸し暑かったり、すでに猛暑日だったり…

皆様くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね!

おじいちゃん、おばあちゃん世代はもったいないと思う気持ちもあるのか、クーラーを我慢する傾向がありますよね。もしくは「暑くないよ」と言っていたり。この「暑くない」が危険なんですよね。。暑さを感じる機能が低下しているのです。そして知らない間に熱中症になってしまう。昔と今の暑さはレベルが違うことを理解してもらって、ぜひクーラーを使って安全に過ごしてほしいものですね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今日は暑い中も家づくりに奮闘される皆様へ、夏ならではの家づくりのポイントについてお話したいと思います^^

 

 ①夏の太陽 

夏の太陽と冬の太陽、高さが違うことをご存知ですか?(きっと小学校の理科で習ったはず)

夏と冬では最大50°も太陽の高さ、角度が違うのです。

そのため、夏に土地探しをすると冬よりも「日当たりがいい!」と思ってしまいがちなのです。

夏のお昼間だと隣に3階建ての建物があってもほとんど影はできません。

日当たりがいいと思って購入したのに、冬になると想像以上に日が入らないとなると悲しいですから、土地そのものの陰だけではなく、周囲をよく見渡して確認することが大切です。

 

 ②植物は夏が一番大きい 

お隣の庭の植物。冬には気にならなかったのに、夏になると自分の庭にまで伸びてきて困る。。というお声を聞いたことがあります。

太陽と同様、植物も夏と冬で見せる顔が違います。

この点は、一番大きくなっている夏にチェックできるので、夏の家づくりのメリットといえますね◎!

 

 ③ゲリラ豪雨のあと 

夏になると夕立やゲリラ豪雨が増えますよね。そんな大雨が降ったあとに、、ぜひ気になっている土地を見に行ってみてください!

大雨が降ったあとなら、水はけがどうなのか、水がたまりやすいのか、たまりにくいのか、、など晴れているときにはわからない土地の水に対する強さを自分の目で確認することができます。

あまりに水がたまっている場合は、周囲より土地が低くなっていたり、地盤が弱い可能性があるので、もう一度よく検討することをおススメします。

 

夏の家づくりのポイント、3つご紹介しました!

皆様の家づくりの参考になれば幸いです^^

おうちの相談窓口は皆様の家づくりを全力でサポートします★★

どうぞお気軽にご来店ください!

お問い合わせ・ご予約はコチラから

スタッフ一同お待ちしております♪

 

 

 

関連記事