二世帯住宅の豆知識

火災保険と地震保険

用語解説
火災保険

こんにちは^^おうちの相談窓口です!

大型の台風10号が通過しましたね。

各地で被害が出ているようですが、みなさま大丈夫でしょうか?

おうちの相談窓口でも昨日は大阪・伊丹・奈良の3店舗とも臨時休業とさせていただきました。ご迷惑をおかけしたみなさま、申し訳ございません。

本日は朝から通常通り営業しております。

どうぞよろしくお願いします!

________________________

さて、台風のシーズン真っ只中の今、台風による住宅への被害が心配になりますね。

暴風で窓が割れたり、大雨で床上浸水したり、、

そんな時に大切なマイホームを守ってくれる「火災保険と地震保険」について今日はお話したいと思います。

 

1 そもそも火災保険とは

火災保険とは損害保険の一種で、火災や落雷、火災や落雷、風水害などの事故によって生じた建物や家財の損害を補償する保険です。

ここでいう「建物」とは家本体に加えて、門や塀、車庫、倉庫なども含まれます。「家財」とは家具、家電、衣服、カーテンなどを指します。

 

2 保険の対象

火災保険では、その保険の対象を、①建物のみ、②家財のみ、③建物と家財、の3種類の中から選べます。

保険料が安いと思ったら、「対象が建物のみだった」ということもありますので、保険を検討する時には要チェックです。

また、賃貸住宅の場合は建物そのものの保険には大家さんが加入しているので、自分では「家財のみ」を選択して加入すればいいですね。

持ち家の場合でも、家財が少ない、古いなどの理由で「建物のみ」を選択されるという方もいらっしゃるようです。

自分のライフスタイルに合わせて、選択することが大切ですね◎

 

3 火災保険の補償範囲

火災保険という名前から、火災に対する補償のみだと思われている方もいらっしゃるようですが、火災以外の損害もカバーしてくれる、頼もしい保険です。

一般的なものを例とともにご紹介します!(※商品によって補償範囲は異なります)

●火災

失火やもらい火による火災の損害の補償

例:火災により住宅が燃えてしまった

●落雷

落雷による損害の補償

例:雷が落ちて、家電製品がショートした

●破裂・爆発

破裂や爆発による損害の補償

例:漏れたガスに引火して爆発が発生した

●風災・雹災・雪災

風・雹・雪などによる損害の補償

例:強風で窓ガラスが割れた

●水濡れ

漏水などによる水漏れの損害の補償

例:給排水設備の故障により部屋が水浸しになった

●水災

台風や集中豪雨による損害の補償

例:大雨で床上浸水した

●盗難

盗難に伴う、盗取・損傷・汚損の損害の補償

例:泥棒に窓ガラスを壊された、現金や家電を盗まれた

●集団行為等による暴力行為

集団行為による暴力・破壊行為の損害の補償

例:労働争議に巻き込まれて、家を壊された

●建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

建物外部からの物体による損害を補償

例:家に車がつっこんだ

 

など、、このように火災保険の補償範囲は本当に幅広いです。

また、これらの補償から自分に必要の補償を選んでカスタマイズできる商品もあるようです。

自分の生活環境ではどの補償が必要なのかを明確にすることから始めましょう!

 

・・・・こんなに広い補償範囲なのに、地震に関する補償が一切ないことにお気づきですか?

地震に建物の被害、地震によって誘発された津波による浸水などは火災保険では一切補償されないのです。

そこで必要になるのが「地震保険」です。

地震保険は単体で加入することができず、火災保険とセットでの加入となります。

いつどこで地震が起こってもおかしくないと言われている、地震大国日本ですから、火災保険とセットで地震保険への加入検討もお忘れなく!

 

 

 

 

4 火災保険の必要性

ここまで火災保険についてご紹介してきましたが、火事に合う確率を統計的に見てみると、0.04%以下というデータもあり、「火災保険って必要なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、火事に合う確率は低いですが、火事になった時の経済的なダメージを考えると、火災保険の重要性が見えてきます。

では、具体的に火事が起こった時のリスクを見ていきましょう。

 

●自分の家から出火した場合

建物そのもの、家具、家電、衣服など生活に必要なものすべてに被害が及ぶことになります。生活を再建するためには、家を建て直し、家具、家電を一から買いそろえる必要があります。これには莫大な費用がかかりますね。さらにこれに加えて、燃え残った家の解体費用、片づけの費用、家を再建している間の仮住まいの家賃なども必要になり、経済的なダメージは大きなものだということが容易に想像できますね。

これをすべて、貯金から賄える方は、ほんの一握りではないでしょうか。だとすれば、ほとんどの方にとって、火災保険への加入は重要だといえますね。

 

●隣家からのもらい火事

あまり知られていませんが、「失火責任法」という法律で他人の家の家事が燃え移ったことで自分の建物や家財に損害が生じても、その相手に故意や重大な過失がない場合、賠償責任を求めることはできないということになっています。損害は自分自身で負担する必要があるのです。

もらい火事の場合でも火災保険が役立つことがわかりますね。

 

また、住宅ローンを組む時に、火災保険の加入を必須としている金融機関がほとんどです

本来、火災保険への加入は任意ですが、住宅購入時にはほぼ必須の保険と言うことができますね。

 

火災保険と地震保険についておわかりいただけましたか?

長々と書いてしまいましたが、大切な家、生活を守るために重要な保険ということです。

住宅購入時には、外観を考えたり、内装を考えたり、インテリアを考えたり、住宅ローンを契約したり、、、決めることがたくさんですが、火災保険の検討もお忘れなく!!

おうちの相談窓口は皆様の家づくりを全力でサポートします★★

どうぞお気軽にご来店ください!

お問い合わせ・ご予約はコチラから

スタッフ一同お待ちしております♪

 

(担当:為広)

関連記事