二世帯住宅の豆知識

リビング階段てどうなの?

用語解説
リビング階段

リビング階段て寒くないの?」

 

こんな質問をお客様から頂いたので、今日はリビング階段についてお話したいと思います。

 

 

そもそもリビング階段とは、↑の写真のようにリビングに階段がある間取りのことを言います。少し前までは廊下に階段があるのが当たり前でしたよね。リビング階段が人気になってきたのは十数年前から。

 

 

なぜ、リビング階段が人気になったのでしょうか??

 

 

それは「リビングを通らないと2階に行けない間取りだから、家族が自然と顔を合わせられる」というメリットがメディアで取り上げられたことがきっかけでした。

思春期になると、親と顔を合わせたくない時期って誰しもありますよね。。でも、親としては、子どもが帰った時間、出かけたのかどうか、これくらいは最低でも把握しておきたいもの。「自然に顔が合わせられる」というメリットはとてもうれしいですよね。

 

今では6割から7割の方がリビング階段を採用されているというデータもあります。

 

そんなに人気のリビング階段、メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

 

まずはメリット!

 

 

①家族が自然に顔を合わせられる。

↑にも書きましたが、やっぱりこれが一番のメリットではないでしょうか。

リビングを通らないと2階に行けないし、部屋から外に出られないので、子どもが夜に勝手に外出するといった心配はこれでかなり軽減されるはずです。

子どもの顔が見れるので、少しの変化にも気づきやすいという点もうれしいですね。

 

②明るい階段になる

階段を廊下につけると、どうしても暗くなることが多いです。ですが

、家の中で一番日当たりの良い場所に作られるであろうリビングに階段もつけることで明るい階段にすることができます。ただし、リビングにあれば必ずしも明るいとは限りません。階段の上がった先にも明るい空間があるように間取りを工夫すると安心です。

 

③リビングが広く見える

階段のスペースもリビングと一続きにすることで、リビングが広く見えるというメリットがあります。開放的なリビングを目指す場合にはぜひ検討していただきたい間取りです。

 

④おしゃれな階段が映える

オープン階段

写真のようなストリップ階段なら普通の階段よりも軽い印象になるのでますます部屋が広く見えます。また階段の下に魅せる収納をつけたり、階段のてすりをアイアンにしたり、階段にこだわることで、ひとつのモニュメントのようになり、ぐっと空間がおしゃれになります。

観葉植物を飾ったり、子どもの描いた絵を飾るギャラリーのようなスペースにもなりそうですね。

 

 

⑤1階と2階につながりができる

リビングに階段があることで、1階と2階をゆるくつなげることができ、声なども届きやすくなります。

ごはんの用意ができた時もリビングから呼べば聞こえそうですね。

次にデメリットを見ていきましょう。

①リビング階段は寒い?

最初の話に戻りますが、リビング階段を採用すると寒いと思われている方が多くいらっしゃいます。

リビングを適温にしたいのに、温めた空気が階段で2階に逃げてしまうからですね。

ただ、最近は家全体を同じ温度に保ちます。と謳う高気密・高断熱の家が多く販売されています。そのような高性能な家にすることで、このデメリットは解決されます。

しかし、間取りやエアコンの位置などはやっぱり注意が必要です。

 

②ニオイや音が伝わりやすい

メリットのところで1階と2階がゆるくつながるとお話ししましたが、これはデメリットにもなりえます。

料理のおいしいニオイならいいですが、魚を焼いた後のニオイなど気になるニオイもありますよね。

また、2階で勉強をしているのに、リビングのテレビの音が気になる・・なんてことも起こりそうです。

この点はよく理解して、キッチンの配置やテレビの置き場所などを考慮したいですね。

 

また①②のデメリットをなくすために、リビング階段の上り口に扉をつける方法もあります!!(この時は引き戸が断然おススメ)

 

③来客とも顔を合わせやすい。

これもメリットがデメリットにもなってしまうパターン。

「自然と顔を合わせやすい」ということは来客とも顔を合わせなくてはいけないということです。

休日に子どもが友達を家に連れてきたとき、リビングを通らないと子ども部屋に行けませんから、リビングでお父さんがくつろいでいる横を通らなくてはいけないですね。

気にならない方は気にならないけど、気になる方は気になるこのデメリット・・・・

よく家族で話し合って間取りは決めないといけませんね。

一口に「リビング階段」といってもリビングの真ん中に階段があるパターンや隅にあるパターンなど様々ですから、日々の生活を見直して、自分たちに合う間取りを見つけてくださいね。

 

 

 

「リビング階段」についてお分かりいただけましたか?

おうちの相談窓口では皆様の理想の住まい実現を応援しております。ぜひご家族様そろってご来店ください♪

お客さまにぴったりの建築会社をご紹介いたします!!!

______________________

来店のご予約はコチラからどうぞ↓↓↓

ご来店・お問い合わせフォーム

 

関連記事