二世帯住宅の豆知識

相続

二世帯住宅の豆知識
二世帯住宅 二世帯 相続 遺産

こんにちは。

二世帯住宅で親世帯がいなくなった時の相続についてお考えになられたことはありますか?

ほぼ、ありませんよね。

当然です。確かに自分も老いていくのですからいつかは両親もいなくなります。

その際に、兄弟・姉妹がいらっしゃった際に問題になるのが相続です。

 

土地の名義を両親のままにしているが建物は子世帯の名義。

土地も建物も親世帯の名義。

その際に問題になるのが親名義の相続です。

二世帯住宅を建てる・建替える際に相続の問題を先に解決していれば問題はないでしょう。

しかし、あまり二世帯にする際に相続の話をするご家庭は少ないですね。

親名義なので相続となれば子供に均等に振り分けられます。

 

親の面倒を見ていたから、介護をしていたから相続は自分だけと主張しても兄弟姉妹が異議を申し立ててしまっては意味はないのです。

理解のある子供達で介護や面倒を見ていたから相続は放棄しますと和解してくれると親世帯も安心ですが、全てがそういう訳ではありませんね。

 

そこで、二世帯住宅を建てる際に土地の名義・建物の名義が誰なのか、誰にするのかをしっかりと話合い決めましょう。

建物はローンを組む際に色々と手続きがありますので一緒に暮らす子供名義になりやすいですね。

土地は親世帯のものであれば相続の際に揉める原因となりかねませんので二世帯にする際にどのようにするか決めておくと親世帯がいなくなっても揉めることはありません。

 

土地や現金、色んな所有物、別にお土地をお持ちであれば遺言という形で残されるのも一つです。

 

二世帯住宅にする際は親は子供にどのように残すのかを決めておいた方が親が亡くなった後で子供同士の争いがなく円満にできるのではないでしょうか。

 

二世帯住宅.comでは、二世帯住宅をお考えの皆様の疑問・不安・ご相談を受け付けております。
住宅建築コーディネーターとファイナンシャルプランナーがお客様のご要望・ライフプランの作成を無料でさせていただきます。


どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。お待ちしております。
中立公正な立場であなたの家づくりを徹底サポートする二世帯住宅.com byおうちの相談窓口でした!

 

お問い合わせ・ご来店予約はコチラから

 

(担当:衣笠)

関連記事