二世帯住宅の豆知識

どうする卒FIT

二世帯住宅の豆知識
卒FIT

こんにちは!おうちの相談窓口🏠イオンモール伊丹昆陽店です。

 

毎日寒いですね☃

今年は暖冬と言われていましたが、毎朝の冷え込みを思うと、立派に冬らしくなってきました。

そんな日本列島ですが、先月この国の太陽事情☀に少し変化があったのをご存知ですか?

 

それは、先月11月にFITが終了、いわゆる卒FITしたのです。

ここで言うFITとは、もちろんHONDAの人気自動車🚙の事ではありません。

FITとは、固定価格買取制度のこと。

(Feed-in Tariff Programの略)

2019年は、2009からの太陽光発電の余剰電力買取制度から10年が経過し、最初に売電を始めた方の固定価格での買取期間が終了(卒FIT)する年なのです。

 


 

 

FITの始まり

 

2012年7月、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及を図るため、再生可能エネルギーで発電された電気を一定期間、固定価格で買い取ることを電力会社に義務づけました。

 

2009年当時は、太陽光発電がさほど普及しておらず、国に住宅用太陽光発電設備の普及を促進したいという意図があったことから、2009年当時に太陽光パネルを設置した方は、48円/kwhと高単価ででの固定価格での買取を行ってもらえていました。

 

その費用は、すべての電気使用者から再生可能エネルギー発電促進賦課金として電気料金とともに集められているのです。

その金額は、月300kWhの場合で毎月約474円。

決して安くはありません。

支払っていること、みなさんご存知でしたか?

 


 

ではFITが終了したら、ご自宅の太陽光発電はどう活かしていくのが正解なのでしょう。

 

その選択肢にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

以下の3つの選択肢が考えられます。

 

①旧一般電気事業者もしくは新電力と、今より安い価格(10.00円/kWh以下)で売電契約を結び直す。

 

②蓄電池や電気自動車を購入し、余剰電力を蓄えて発電のできない夜間に使用する

 

③従来通り昼間のみ自家消費を行い、夜間の時間は電力会社から購入した電気を使う

 

どの選択肢を選ぶべきなのか。

また売電契約を結ぶとしたらどこの電力会社にするべきなのか、をきちんと考えることが重要なのです。

現在卒FITを迎え、電力会社が次々と余剰電力の買取価格を発表しています。

きちんと各社の値段を押さえ、一番良い値段で買い取りしてくれる電力会社を選びましょうenlightened

 

蓄電池

 

しかし、卒FITした後は、安い価格で発電した電気を売るよりも自分たちで使う人が増えると考えられています。

 

そこで必要になるのが、家庭用蓄電池です。

 

蓄電池があれば、昼間に発電した電気を蓄電池に貯め、太陽が沈んだ後の夜間にも、放電して電気を使用することができます。

そして災害等の備えとしても注目されています。

 

しかし・・・未だ蓄電池の値段は高いまま。

かなりのコストがかかるんです。

また、故障時や電気が不足した際の問題。

そして、自家発電ができる富裕層は安く電力を使うことができ、そうでない貧困層は電気さえ思うように使えなくなる。

格差社会を助長するのでは?という不安もあり、問題は山積みなのです・・・crying

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マイホームを考えられている方の中には、太陽光発電でお悩みの方も多くいらっしゃると思われます。

 

「太陽光発電を付けた方がいいですか?」

その疑問に、はっきりイエスかノーかお答えするのはとても難しいのです。

ただ個人的には、売電で利益を得ると言う目的ではなく、エネルギーは自給自足して当たり前の社会をいつか作る為に、太陽光発電や断熱性に富んだ住宅の普及は、マストと考えます。

一人一人が自分の問題として受け止め、知識を広げ、関心を高めていくことが、回り道のようで一番の近道なのかもしれません。

 

みなさんは、未来のエネルギーについて、どんな考えをお持ちですか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちの相談窓口イオンモール伊丹昆陽店では、伊丹、西宮、宝塚、尼崎の阪神間を中心に、主に注文住宅をお考えの方の、家づくりのご相談をお受けしています。

注文住宅の相談から資金計画、住宅ローンのご相談、建築会社のご紹介まで、全て無料でお手伝いさせていただいておりますので
どんなことでもお気軽にご相談ください。 

 

◆当社のサービス内容についてはこちらをご覧ください。

◆お問い合わせ・ご相談の予約はこちらからお願いします。

◆勉強会への参加予約は勉強会予約フォームからお願いします。

 

注文住宅を建てるなら!おうちの相談窓口へ♫

(担当 反町)

関連記事